F1ならフランスで観戦するのがオススメ|魅力を紹介

車

滞在期間を充実させる

ハワイを存分に楽しむ為にレンタカーの利用はおすすめです。借り方さえ把握しておけばスムーズに利用することが出来ます。事前にインターネットで予約をしておくことでよりスムーズに利用出来ます。行動範囲も広がり移動の交通費も節約出来ます。

詳しく見る

フラッグ

10年ぶりの開催

モータースポーツの最高峰とされるF1グランプリは世界各国で開催されています。2018年に、10年ぶりにフランスGPが開催されることが発表されました。そんなフランスGPを現地で観戦したい人のために様々なツアー会社が観戦ツアーを企画しています。

詳しく見る

Menu

自由な観光を楽しむために

旅行鞄

レンタカーの借り方は意外と簡単だとご理解いただけたでしょうか。交通ルールなど異なるところが多いとは言え、ハワイは運転しやすいことでも有名ですので、もともと運転が得意な方は深刻に考えなくても良さそうです。ぜひ楽しんでください。

詳しく見る

ツアー利用で充実の旅を

レース会場

フランスF1観戦を行うなら、航空機や宿泊施設、観戦チケットの手配を行ってくれる旅行会社企画のツアーを利用すると良いでしょう。費用は観戦チケット分を含め、30万円から40万円を見積もっておけば充実した旅になります。

詳しく見る

外国で車をレンタルする

男女 ハワイでのレンタカーの借り方は日本と変わらず、特に異なる点もないので心配することもないです。また現地で直接借りることもできますが、料金がかさんだり不要なオプションをつけられる場合もあるため、事前に日本で予約するのがおすすめです。

詳しく見る

フォーミュラ1と仏国

フォーミュラカー

仏のフォーミュラ1事情

自動車と言えばアメリカやドイツがイメージされますが、発明されたのは実はフランスです。そして、フランスの自動車の生産台数は約200万台で、世界でも10位前後に位置しており、有数の自動車大国です。自動車についての古い歴史がありますので、自動車レースについての関心も高く、有名なレースを開催しています。とりわけ有名なのがル・マン24時間耐久レースですが、モータースポーツの最高峰であるF1とも深い関わりを持っています。F1は1カ国につき1レースが開催されるルールになっています。フランスグランプリはイギリスグランプリ、イタリアグランプリに次ぐ開催数を誇っていました。F1の人気が高かった頃は、ディジョンでスイスグランプリで開催していました。しかし、近年、フランスを本拠地とするメーカーやチームの低迷、ドライバー数の減少から、一時期フランスでのF1開催が途絶えました。しかし、往年の名ドライバーで、フランスを代表するアラン・プロストの尽力で、フランスグランプリが復活しています。創成期のF1では国別対抗のニュアンスが強く、ブリティッシュグリーン、イタリアンレッドと並んで、フレンチブルーのマシンがサーキットを走っていました。現在、フランスに本拠地を置くF1チームは1チームだけですが、世界企業であるため、マシンのカラーリングもブルーをまとっていません。ドライバーの数も2017年度シーズンはわずか2名でした。