F1ならフランスで観戦するのがオススメ|魅力を紹介

Menu

10年ぶりの開催

フラッグ

海外観戦ツアーとは

モータースポーツの最高峰であるF1グランプリは、ヨーロッパやアジアに中東など世界各国で開催されています。2018年にフランスGPが10年の空白期間を経て復活することが発表されました。フランスは、ル・マン24時間レースが開催されたことでも有名となりました。数多くの優れたF1ドライバーを輩出したモータースポーツの盛んな国であり、世界中から注目されています。フランスGPが開催されるサーキットは、ポールリカールです。ポールリカールは、歴史のある古いサーキットで、1990年を最後にこのサーキットではF1グランプリは開催されておらず、1991年から2008年にかけてマニークールサーキットでの開催でした。2018年のフランスGPは6月24日が決勝となっています。テレビでの観戦も楽しいものですが、サーキットでエキゾーストノートや会場での熱気を体感することは、更にエキサイティングな時間を過ごすことになるでしょう。F1ファンの人の中には、個人で観戦チケットやホテルを手配して海外観戦をする人もいますが、ツアー会社による観戦ツアーも様々なツアー会社が企画しているようです。また、海外ウェディングに対応しているツアー会社も多く、F1がきっかけで知り合った2人が海外でのF1観戦をしながら、海外で挙式するという夢のような新婚旅行も実現可能です。また、1人で参加する人もいるようですが同じ趣味の人と参加するツアーなので、他の参加者と親しくなりやすいと言えるのではないでしょうか。